• 当一般社団法人について
  • 入会のご案内
  • 福祉活動
  • アロマケアの導入
  • 内容・様子
  • 講師紹介
  • アロマ地域活性セラピスト養成講座
  • 代替医療アロマ講座
  • イベント
  • 動画紹介
  • お問い合わせ
  • リンク
  • Staffブログ
  • 年間スケジュール
  • アロマセラピーの効果的な活用法
  • アロマ・リンパケア講座情報
  • アロマ・リンパケア講座
  • さとう式リンパケア・MRT 開催講座日程
  • さとう式リンパケア・MRTとは?
  • はじめに
  • おすすめアロマ商品
  • オリジナル商品
  • メッセージ
  • 各コースの詳細
  • イベント
  • ブログ

みんなの福祉フェスタ2017 IN カサイ

今年もアスティアかさいが黄色に染まりました。

今年のテーマは「大切なもの」
障害のあるなしに関わらず、みんなにある “ 大切なもの ”
みんなそれぞれの大切なものを実現したり楽しんだり出来るみらいになるように
みんなで笑顔になりたいと思って頑張りました。

ユニバーサルアロマセラピスト!
5時間で 45名のハンドケアを行いました。
行列が出来、待ち時間が1時間もあったりしたのですが
それでも、ハンドケアをしてもらいたい!とお待ちくださったこと
感謝申し上げます。

毎年楽しみにしているという方が増え、来年はどうしようかと
終わった瞬間から フラワーの皆さんと考えています。
来年もどうぞよろしくお願いします。

「アロマセラピーと認知症予防」講演会の様子

アロマセラピーがもたらす効果とその活用方法について第6回「家族会」にてお話をさせていただきました。多くの方にご参加いただき、ありがとうございました。

11月12日(土)に、第6回「家族会」が開催されました。
「家族会」では、「アロマセラピーと認知症予防」について
お話をさせていただきました。

沢山のご家族様や、関係者の方々にご参加していただき、嬉しく思います。

お土産に、ハート型ポプリのシャセをお持ち帰りいただきました。
是非ご自宅で楽しんでくださいね。

参加者の方から、ご感想をいただきました。
いただいたご感想の一部をご紹介いたします。

  • 認知症にアロマが良いとは聞いておりましたが、実際どのように活用すればいいのかまでは知りませんでした。
    今回の講演会を聞いて活用方法がわかったため、活用していきたいと思います。
  • 父の介護をしています。
    少しの時間でしたが、父にアロマを使用したトリートメントを行うことができたのでとても有意義でした。
    今後は、もっと大勢の方にアロマのことを伝えていきたいと思います。
  • アロマテラピーが何故認知症に効果があるのか、講演会でよく理解することができました。
    実際のトリートメントやお話で納得しました。
    家内にアロマトリートメントを行ってみます。
  • 施設だけではなく、自宅でもできることがあるということがわかり、とてもほっとしました。
    なにができるのかわからなかったので、できることがあるとわかって嬉しいです。

今回の講演会を聞いてくださった皆様が、それぞれの立場で様々なことを考えるきっかけになったようです。

アロマタッチによって不安や痛みが緩和される。
効果は分かっていても、実際の活用方法がわからない。
また、認知症の方の中には抵抗を示す方もいらっしゃいます。

今回の講演で、「アロマテラピーにはどのような効果があるのか」
という疑問や、「どのように取り入れるべきか」といった悩みを
少しでも解消できたようで、嬉しく思います。

また、今以上にアロマテラピーに興味を持って下さった方も
多くいらっしゃり、今後活用していきたいといったお声を多くいただきました。

アロマテラピーやタッチングについてお悩みの事がございましたら、
是非ご相談くださいませ。

信頼を育てる癒やしホルモン「オキシトシン」

アロマタッチが安心感や痛みを軽減する背景には「オキシトシン」の分泌によるゲートコントロールが見られます。

オキシトシンは『愛情ホルモン』『癒しホルモン』とも呼ばれ、
脳の視床下部で産出され下垂体後葉から分泌されます。
以前は出産時に陣痛を促す、また母乳分泌も促すとされていました。
最近では研究が進み、ストレスや不安を軽減することが
研究によって明らかになってきました。

1:肌に触れられることで、触覚が刺激を受け、オキシトシンが血液中にも分泌されます。
それが体内に広がることでストレスや不安を和らげるのです。

2:脊髄にある痛みを脳に伝えるゲートを閉じる働きもあり、痛みを感じにくくさせることも分かっています。

3:アロマタッチケアを行う側にもオキシトシンは分泌され、相手との相互の信頼感が生まれるともわれています。

アロマケアを取り入れている福祉現場では
「ご利用者様の不安な気持ちや表情が少しずつ和らいでいる感じがする。
 同時に、自分の気持ちもからだも和らぐ気がする」
と言われています。

身体がポカポカし汗が出てきたり、深い呼吸に変わり気分が落ち着き、うとうとと気持ちよく眠れます。
”オキシトシン”による不安感の減少により、気持ちが安定することで非言語的コミュニケーションをもたらすのです。
まずは、短い時間でアロマタッチケアを取り入れてみましょう。

アロマタッチケアをどう取り入れたらいいのかと悩んでおられる方もおられるでしょう。
認知症の方の中には、抵抗を示す方もいます。
そんなときは無理強いはしません。

まずは優しく、アイコンタクトから。
それから話すときに相手の手や背中に優しく触れる。
話を聞きながら、触れる! さする! というスモールステップから始めましょう。

第6回認知症家族会でお話をさせていただきます。

第6回認知症家族会】
テーマ アロマセラピーと認知症
日時 11月12日(土) 13:30〜15:15
場所 姫路北病院内 精神デイケア
*地域の方も自由に参加いただけますので
 ハンドケアの体験も交えてゆっくりとお話をさせていただきます。
(お申し込みは締め切りをさせていただきました)
認知症カフェ(笑カフェ)】
開催日程 11月7日(月)・11月17日(木)・12月5日(月)・12月15日(木)
カフェでお手伝いをしてくださるスタッフも募集中です!

熊本地震の爪痕

2016年8月28日(日)に、熊本県野外劇場アスペクタにて開催された「がんばるばい 熊本!! 南阿蘇ミーティング2016 夏」へ参加致しました。

イベントの翌日、熊本地震の爪痕をこの目で見ようと、南阿蘇と熊本城へ行ってまいりました。

まだまだ震災の影響が色濃く残っております。
一日も早い復興をお祈り申し上げます。


(写真撮影:駒田かすみ様)

ご家族のための“1日5分”のホームケア


ご家族のための“1日5分”のホームケア アロマセラピーは、単に芳香を楽しむだけではなく自然治癒力を高める方法としても知られています。

一般社団法人アロマ地域活性セラピー Tataです。
Tataで行っております講座についてご紹介いたします。

アロマセラピーという言葉が流行っています。
アロマセラピーは、単に芳香を楽しむだけでなく
“補完代替医療や代替医療”といわれ、
自然治癒力を高める方法としても知られるようになりました。

ご家族のためにアロマを学びたい。
皆様の健康と幸せのために、Tataでは
『アロマ地域活性ハンドアロマセラピスト養成講座』を開講しております。

Tataアロマでは、「精油の薬理効果とタッチング」を学びながら、“1日5分のホームケア”という観点で、
アロマ基礎やトリートメントのポイントを学んでいただきます。

☆こんな方におすすめです☆
・アロマの基本知識を学びたい
・品質の確かな精油で香りの楽しみ方を知りたい
・自分自身や家族の健康に役立てたい

Tata ハンドアロマセラピスト養成講座は、ワンデー講座となっております。
1日5時間で、ハンドアロマを習得できます。
学んだその日から、アロマセラピーでのケアが可能です。

そして、下記の点も受講者の方からご好評をいただいております。

* 少人数制
* オリジナルオイルを使用
* 各地で出前講座を受けられる
* アフターフォローも充実
* アロマが学べて仲間ができる
* いつからでもスタートできる

ご家族とご自身の豊かな生活のための“1日5分のホームケア”をはじめてみませんか?
まずはお問い合わせをお待ちしております。

>アロマ地域活性ハンドアロマセラピスト養成講座について詳しくはこちらからご覧ください。

子育てコーチングセミナーが無事全て終了いたしました。


子供の可能性を広げたい、自分に自信を持って子育てをしたい。パワーアップしたコーチングセミナーで更なる変化と発見・気づきが生まれました

子育て中のママを応援するコーチングセミナー。
全3回シリーズで開講したこちらのセミナーが、無事全て終了いたしました。

とても濃い内容の3回のセミナー。
参加してくださった方たちに、様々な変化をもたらしてくれたようです。

・自分に自信がついて、お仕事が決まりました!
・「こうなったらいいな」が、実現しました!

皆様、子育てに対する自信はもちろんですが、
自分で自分をご機嫌にする方法を学ばれたようです。

セミナーを通して、普段の生活のなかでは気付けないことに気付くことができました。
また、忙しい毎日を過ごすお母様がたにとってこのセミナーは、
ご自身のことやお子様のこと、ご家族のことを振り返る良いきっかけとなったようです。

母として、女性として、人として
良い循環が始まった方が多数いらっしゃいました。

『brothers』の皆さんと一緒に施設の感謝祭に参加してきました!


ユニバーサルアロマセラピスト『brothers』の皆さんと一緒に施設の感謝祭に参加してきました。

先日、施設の感謝祭が開催されました。
ユニバーサルアロマセラピスト『brothers』を楽しみにしてくださっていた方も
大勢いらっしゃいました!

毎年楽しみにしてるよ。
頑張ってるね。
眠たくなったわ。
指が動かしやすくなったで。

優しいお言葉を、たくさんいただきました。
いただいた言葉のひとつひとつが、『brothers』の活動の励みになります。
地域の皆様にお喜びいただけて、『brothers』のメンバーたちもやりがいを感じております!

感謝祭には多可レンジャーも登場いたしました。
一緒に盛り上げてくださって、ありがとうございます!

6月の笑カフェの様子


「笑カフェ」(認知症カフェ)は、認知症の人やその家族、各専門家や地域住民が集う場です。認知症に関心のある方は、是非カフェをご利用ください。

6月の笑カフェも、アロマが漂うゆったりとした優しい空間になりました。
6月の笑カフェの様子をご紹介いたします。

笑カフェスタッフは、定期的に打ち合わせを行います。

来られる方にとって、
何が楽しいだろう、
何が嬉しいだろう、、
お役に立つのだろう、、、

いつも、一番に考えております。

私たちがワクワク・ドキドキして楽しんでいるから、その場が動きだす!


お孫さんも一緒に笑カフェに来てくださって、
折り紙を見せてくださいました。
色とりどりの折り紙で、テーブルが華やぎました!
地域の皆様に支えられ、そして私たちもまた地域を支える、
大事な『お志事』でございます。

6月は梅雨ということで、笑カフェのみなさんで紫陽花を咲かせました。

作って楽しむだけではありません。

これ、いい香りするから部屋に置いといたら、よく寝れるきがするなぁ。
孫にプレゼントしよー! 喜ぶで!
服に付けてもお洒落やわ。

こんなに楽しい会話が溢れていました。

楽しく作る → 人の喜ぶ事を思う → 笑顔の連鎖!

ご本人とご家族が参加したくなるカフェが笑(えみ)カフェです。

次回の笑カフェは、7月4日(月)と7月21日(木)の開催です。

お互いに交流をしたり、情報交換をしたりすることを目的としています。
認知症について関心のある方は、是非いらしてください。

*ご見学は事前にご連絡をお願いいたします ( _ _)

スヌーズレンルームのなかでアロマケア

つどいの家 コペルさんにて、定例の訪問アロマケアを行いました。コペルさんのスヌーズレンのお部屋を暗くして、ライトアップしながらのアロマケアでした。

スヌーズレンをご存知ですか?

スヌーズレンとは、オランダで生まれた活動とその理念のこと。
光や音、振動、温度などを伝える道具で作られた、
心からリラクゼーションできるお部屋では、どんなに障害の重い方でも
楽しめるよう工夫がされています。

またそのお部屋は、障害を持つ人だけではなく
介助者にとっても心地のいい空間となっています。
ただありのまま、自分らしい時間を過ごすことができます。

>日本スヌーズレン協会 公式サイトはこちら

私がスヌーズレンを知ったのは母子通園施設に勤務していた時。
今から15年以上前のことです。
なんて素敵な空間なんだろう!と感激したことを今でも覚えています。
それがスヌーズレンルームを初めてみたときのことです。

15年後その施設で訪問アロマケアをさせてもらっているなんて、
本当にご縁ってわからないものですね。

ウォーターベットの上でゆらゆらとした感覚を楽しみながら
光の動きに視線を合わせてリラックスできる…

お部屋でウォーターベットに横になると、香りと光の空間に溶け込み、ウトウト。
とても幸せな表情で体をセラピストにしっかりと預け、ケアを受けてくださいます。

つどいの家コペルさんの利用者さまは、私が15年以上前に母子通園施設と支援学校で関わらせてもらった方々です。
こんな幸せな仕事をさせてもらえることに、ただただ感謝の想いでいっぱいです。

日々の疲れを癒し、心地よい時間と空間に身を委ね楽しい会話を重ねられる訪問アロマの時間は、
私にとっても最高の癒しの時間なのだと改めて実感しました。

「美力(みりょく)アップセミナー」が開催されました。


体質診断をして、あなたにぴったりのアロマを見つけましょう。毎日5分のアロマケアで、美力(みりょく)アップ!

5月25日(水)に「美力(みりょく)アップセミナー」が開催されました。

アロマは、「精油」という植物の香りを抽出したものを使用します。
アロマの世界には数多くの「精油」があります。
その中で自分に合った香りがどういった香りか、ご存知ですか?

私の好きな言葉に、
「香りは いつも 変わらない。変わるのは 人の心」
というものがあります。

心と体に作用するアロマ。
「今の自分」にピッタリな香り、見つけてみませんか?
自分にピッタリなアロマを見つけて、美力(みりょく)アップしましょう!

☆次回6月は、22日(水)午後1時より開催予定となっております。

子育てコーチングセミナーを再び開催いたします!


昨年の秋に開催して大好評だった子育てコーチングセミナーを、更にパワーアップして再び開催いたします!

子育て中のママ!
3ヶ月で笑顔になります!

・子どもの可能性を広げたい
・コミュニケーションを上手くとり信頼関係を築きたい
・自主性を大切に育てたい
・子どもの考えがわからない
・自分に自信を持って子育て出来るようになりたい
・子どもに合った声掛けを知りたい
・コーチングに興味がある

そんな方へぴったりの、子育てコーチングセミナーです。
初めての子育てで、困っていませんか?
このセミナーでコーチングスキルを身につけて、子育てを楽しみましょう!

受講生からは、

○反抗期で悩んでいましたが接し方・言い方を変えただけで子どもが自分から話をしてくれるようになりました。
○自分の事、子育ての事、夫婦の事を振り返り次への目標を持つことで自分自身が成長できました。
○聴くことの大切さを身にしみて実感しました。

などのご感想をいただいています。

コーチングは、相手の中にある可能性を引き出すコミュニケ―ションスキルです。
スポーツの世界でアスリートにコーチがいるように、
コーチの視点を私達母親が持てば、子供の可能性は今以上に広がります!

【講師】長谷川 眞弓(米国CTI認定コーチCPCC)

1988年より企業や組織で研修や講演を実施。
2002年よりプロコーチとして活動。
約10年にわたり子育てコーチングを実施。
個人コーチクライアントは300名以上。
オフィス ツイン・エム代表

『コーチング』という単語から難しい内容を想像されるかもしれませんが、
講師である長谷川先生が身近な話題である「子育て」に置き換えてお話しくださる特別講義となっております。

子育てコーチングセミナー
子育てコーチングセミナー】
開催日時 5月19日(木)・6月16日(木)・7月7日(木)
10:00〜12:30
場所 書写グリーン倶楽部(姫路市書写634-13)
受講料 15,000円(全三回分)※事前振込
内容 ○第一回…新しいコミュニケーションスキル、コーチングとは
○第二回…質問を使い考えを整理させ子どもの心を知る
○第三回…自己承認できる子に育てる、子どもの考えを伸ばす方法とは
備考 ※全三回お申込み受講の方は
 特典1…30分の個別無料コーチングを受けていただけます。
 特典2…受講修了証を発行いたします。
※単発参加可 (6,000円/1回)
※1期生の方の再受講も可能です。
※その他の詳細はお申し込み時にお知らせいたします。
お申し込み方法 メールにてお申し込みください。 お申込みメールフォームはこちら
第一回は5月19日(木)に行われました。新たな気づきがたくさんあり、ご自身を振り返る良い機会でもありました。
第二回目からのご参加も可能です! 皆様のご参加、お待ちしております。

認知症カフェ「笑」が開催されました。


アロマが香る認知症カフェ「笑」が開催されました。

先日わかさ出版様「夢21」に掲載をされ、
見学やお問合せを多くいただいております。
認知症カフェ「笑」は、初めての方でも大歓迎です。
見学も随時可能となりますので、是非ご連絡ください。

ハンドケアをしながら、お話が弾みます。
今回のお話のテーマは、
『一番楽しかった時はいつですか?』

皆様、にこにこと優しい笑顔でお話くださいます。

「あのね、60才から主人と旅行三昧だったとき」
「一番目の子どもが出来たとき」
「会社の新社屋が出来たとき」
「高校時代のバスケしてたとき」

楽しい思い出話に耳を傾ける、
優しい時間を共に過ごさせていただきました。

一緒に来られたご家族も、にこにこ笑顔。

カフェ「笑」で過ごす、ゆっくりとお話をする時間が楽しみだと仰っていただきます。
認知症の人を特別視せず、スタッフとしても動いてもらおうと考えています。

「体が動く限りは、何でもしたい」

と、嬉しそうにお話されていました。

認知症カフェ「笑」が、生きがいを創りだすカフェになれればと思います。
誰かに必要とされること。それは、生きていく上で人生を豊かにしてくれます。

家族の介護に悩んでいらっしゃる方。
認知症に漠然とした不安を感じていらっしゃる方。
どんな方でも大丈夫。
認知症に関心のある方でしたら、是非カフェをご利用ください。

☆次回開催は6月6日(月)となっております。

地域活性セラピーtataでは、ジュニアセラピスト養成を行っております。


植物は生きるのに必要なものを創りだす大地からの贈り物です。

地域活性セラピーtataでは、ジュニアセラピスト養成を行っております。
ジュニアアロマセラピストとは、園児が遊びを通してアロマに触れ、
心身の健やかな育成を目指すプログラムです。

香りとタッチングによる触れ合いで、様々な学びを得られる香育となります。
こちらは認定証も発行されます。

ジュニアセラピスト養成は全国で行っております。
「園で導入したい!」
「保護者会で開催してみたい!」

といったご要望も受け付けております。
是非お問い合わせください。

*現在、ジュニアアロマセラピストインストラクター養成講座は0期生を募集しております。

わかさ出版様の「夢21」に、笑カフェが掲載されました。


笑カフェ(認知症カフェ)が夢21に掲載をされました♪

“香りをかぐだけ 脳トレ専用のカフェを開いたら、
認知症で表情が乏しくなった人に笑顔が戻った!“

“楽しそうにおしゃべりをして、家族も驚いた”

といった内容を中心に、掲載をされました。

認知症カフェです。
介護予防に「香りとタッチング」を活用します!

スタッフ全員が、
セラピストという全国的にも珍しいシステムを作りました。

アロマは誰でも簡単に
続けられる方法の一つ!

物忘れの予防や改善、認知症の予防を得る方法として
「香り」を、「嗅覚」を、刺激します♪

※随時見学も可能となっております!予めご連絡ご連絡下さい。

笑顔が繋がっていく


加西市福祉フェスタへ参加して、喜びと感動は『生きる力』になるのだと再確認いたしました。

加西市福祉フェスタが無事に終了致しました。
今年のテーマは
「障がいのある人もない人も誰もが暮らしやすいまちに」
“みんなの大切な思いを一つにする”

そんなイベントが会場内で数多く行われました。

障がい者セラピスト(ユニバーサルアロマセラピスト)の
善坊園FLOWERの仲間も頑張りました。

彼らは、知的障害者で身辺の自立と作業が可能で、
生活指導、食事指導などを行っている
多機能型障がい福祉サービス事業所に通っています。

aromaの学びは作業の一つです。

人から感謝されること
褒められること
自分を認めてもらうことの少ない環境です。

仕事も学びも頑張っているけど
認められる機会や場所がまだまだ少ないのが現状です。

今日はお客様から、
「今年も楽しみにしてたのよ(*^_^*)」
「気持ちよかったわ。ありがとう」
という、温かい言葉をいただきました。

たくさんの方からこんな言葉をかけていただいて彼らはしあわせの笑顔でした。
喜びと感動は『生きる力』となっています。


ぜひ、彼らが活動できる機会・場所があればお声掛けをいただきたいと思っています。
「気持ちいいトリートメント!」をお届けします。

ユニバーサルアロマセラピーというこの事業をTataは全国で実践・指導しています。
☆「障がいのある人もない人も誰もが暮らしやすいまちに」☆
〜共に 歩む 地域活性 アロマ Tataです〜

福祉フェスタにてセラピストが活躍しました!

ユニバーサルアロマセラピストと加西市福祉フェスタへ参加! “みんなの大切な思いを一つにする” あたたかなフェスタとなりました。

3月13日(日)に開催された加西市福祉フェスタ。
今年のテーマは、
「障がいのある人もない人も誰もが暮らしやすいまちに」
“みんなの大切な思いを一つにする” そんなフェスタです。

障がい者セラピスト(ユニバーサルアロマセラピスト)の
善坊園FLOWERの仲間と参加しました。
その他にも、様々なイベントやワークショップが盛りだくさんでした!

・楽しく学ぶ防災ワークショップ
・手話を使う飴細工師のパフォーマンス
・ファッションショー
・障がい者スポーツの体験
・手話歌
・盲導犬のデモンストレーション

アロマセラピストのブースには、オープンから多くの方に来ていただきました。
お立ち寄りくださった皆様、ありがとうございました。
善坊園FLOWERのメンバーも、最後まで頑張りました。
これからもよろしくお願い致します!

3月の体験会&練習会のご案内

オリジナルアロマオイルの持つ特性を活かし
協会認定インストラクターが伝授します。

ご自身を大切にし大切な人と健康でゆたかな時間を過ごすために
春からはじめの一歩を体験会で踏み出してください。

3月の体験会&練習会】
開催日時 3月16日 10時〜11時(事前申込要)
内容 オリジナルアロマオイルの持つ特性を活かし
協会認定インストラクターが伝授します。
お申し込み 事前の申し込みが必須となります。こちらからお申し込みください。

先日、認知症カフェ「笑(えみ)」が開催されました。


2月18日も、認知症カフェ「笑(えみ)」がオープンしました。
アロマの香りと、ハーブでおもてなし。

ご本人と家族介護者(ケアラー)の気持ちに寄り添える場所。
カフェ「笑(えみ)」は、「ゆっくりと過ごす自分」という
安心できる居場所でありたい。

アロマには、様々な効果がございます。
人の身体は、日々、多くの精神的なストレスや疲労などの
負荷を受けています。アロマは、自律神経のバランスを整え、
全身の細胞のはたらきを活性化させます。

カフェ「笑(えみ)」では、体調の改善やストレスの軽減のためのアロマケアも受けることができます。
体調で気になることがございましたら、是非ご相談くださいね。

他にも、歌を歌ったり、笑いヨガをしたり。
カフェ「笑(えみ)」は、誰もが「気軽に立ち寄れる」「リラックスできる」場所なんですよ。

カフェの営業時間中は、出入り自由です。
色々なお話をしながら、ゆっくり過ごす。
お茶を飲みながら、のんびりとした時間が過ぎる。

初めての方も、もちろん大歓迎ですよ!
是非お気軽にお越しください。

認知症カフェ「笑(えみ)」
*毎月 第一月曜日と第三木曜 開催!

Tataアロマの練習会&体験会の様子をご紹介。


地域活性化セラピーTataでは、毎月1回、
アロマ練習会&体験会を行っております。

アロマケアを行っているとき、
ふとした疑問が浮かびませんか?

アロマケアって?
習ったけれど、忘れている事もあるような気がする!
大丈夫かなぁ?!

そんな風に、悶々と考えているより、まずはみんなで、練習会!
まずは来てみて、やってみましょう。

いつものクセに気付いたり、
ちょっとした腕の回し方を修正するだけで、
動きが大分スムーズになりました!

参加された方の近況報告も、楽しみのひとつ。

インフルエンザが流行っている時に、この香りは殺菌作用もあっていい香りなんだよね〜
介護見守り隊でアロマケアをはじめたよ〜

練習会&体験会では、楽しみつつ、アロマを見直す貴重な時間。

家庭、そして地域にアロマケアが広がることは、
自分で自分を整えるきっかけにも役立ちます。

ご自身はもちろん、大切な方や、ご家族。
肩こりや疲れが抜けなかったり、便秘や肌荒れに悩まされていませんか?

アロマケアは、香りとタッチング効果で自律神経を整える方法。
メンタルケアにも役立つので、お困りの様々な症状が改善する、良いきっかけになりますよ。

来月の練習会&体験会は、3月16日 水曜日。
迷っている方は、是非ご参加ください。
新しい発見・気付きがありますよ。

春を楽しむカルチャーも、近いうちにご報告ができそうです。

【認知症アロマカフェ】“笑“ ってご存知ですか?!


「最近は忘れっぽいし。腰も痛くなってね…」

「そうそう、私もですよ。」

なんて、健康の話題で盛り上がったり、

「お正月は暖かかったね。」
なんだかとりとめもない会話の中で、
普段閉じこもりがちな生活からちょっと外に出る事で 心機一転!
脳が活性化されます。

 

来られる方は、初期の認知症の人やその家族、
近所の人など様々です。

ゆっくりしていて、お茶をいただきながら
手もトリートメントしてもらったり…とにかく笑えるからいいよ!
そんな口コミから 結構評判もよく、参加者も増えてきました。

 

カフェで知り合った人同士で、認知症への理解が深まるし
どうしたらいいのか、一人で悩まないのが良いですね。
対応策なども専門家に相談できる時間でもあるのです。

全国的に、カフェの数も急激に増えているようです。

“笑”カフェは 全員がセラピストです。

アロマをカフェに取り入れているのには
理由があります。

アロマセラピーは、適切な香りを嗅ぐことによって
嗅神経を効果的に刺激して、嗅覚と連動している海馬(記憶に関する神経)も
活性化させるといわれています。

認知症を発症すると、海馬に直接繋がっている嗅神経が、
海馬よりも先に最初にダメージを受けていることが分かってきました。

そして、その嗅神経のダメージが次第に海馬に伝わって行き、
記憶の機能を破壊しながら、その他の部位にも拡がって悪化していくのです。
そのため、この嗅神経が認知症予防の鍵である、と言われているのです。
他の脳神経と違って、嗅神経は再生能力が極めて高いからです。
これはすごいことです!  (鳥取大学 浦上教授講演より)

つまり、嗅神経を刺激し活性化させることで、
そこから直接繋がっている海馬も活性化させ、
認知症の予防改善に効果があると考えられるのです。

だから

地域活性アロマカフェ “笑” なんです。

*毎月 第一月曜日と第三木曜 開催
*スタッフも募集しています(*^_^*)

法人設立記念講演 葉祥明氏 講演会&朗読会


法人設立記念講演 葉祥明氏 講演会&朗読会 たくさんの方がご来場くださいました。

なんとあの絵本作家であり詩人の 葉祥明 氏による
講演会&朗読会というスペシャル企画が実現しました。

あなたに伝えたい 心に響くいのちの言葉 〜絵と言葉からのいやし〜
媒体は違っても、心に響く何かをもたらす素敵なツール

葉祥明氏の言葉は深く こころに響きました。

わたしたちは
すばらしいことのために
創られました

それは
生きて
愛されるために…

葉祥明氏をはじめ、たくさんの方々の愛とご支援を いただいてスタートできた法人です。
たくさんのみなさまから 必要とされ 背中を押してもらえるているという現実に 感極まり感動してしまい、
いろいろな思いがこみ上げてきて… 役員一同感動の涙を流しました。

ご来場くださった皆様 ご協力ご支援いただきました皆様に 御礼申し上げます。
今後とも Tata 共に歩む地域活性アロマを よろしくお願い申し上げます。

第4回「ひめじアールブリュット展」が開催されました。



姫路市野里で24日・25日と「ひめじアールブリュット展」が開催されました。初日から大盛況でした!

私は アロマサークルflowerのメンバーと一緒に参加しました。

緊張するーーってはじめたけど、とーてもお客様に喜んでもらえて
どんどん調子がでてきたflowerさん達でした(*^_^*)

ピストン平尾とガッツボーイズのライブも 盛り上がりましたヽ(^o^)丿

お絵描きコーナーも大賑わいでした。

みーんな、アーティスト!

不思議な囲炉裏の周りには出愛と笑顔が溢れていました。
やっぱり、ミラクルはおこりました。

久しぶりに笑った気がするなあ★

うのさんはじめ、スタッフの皆さん、来てくださった皆さん、ありがとうございました。

ラベンダーパーク多可で アロマトリートメント!


ラベンダーパーク多可にて、アロマトリートメントを行って来ました!

aromaコーナーを担当したのはbrothersの皆さん。
brothersとは障害をもたれた方が
トリートメントを学ばれているサークルです。

緊張して順番も間違えて声も小さくなったけど、
間違ったと汗をかいたけど、、、そんな事はいい!
経験する事が明日に繋がるよ♪

お客様の気持ちいいね〜の声にスマイル!
ラベンダーに癒されました♪

東北復興支援アロマキャラバンのご報告 ~出逢いがあり、学びがあり、初心に立ち返る事ができました~


七ヶ浜では、仮設から出られて家を建て、
カフェを始められたとお聞きして、カフェかぼちゃに行ってきました☆

ほっとした笑顔に触れることができて、
美味しいスパゲティをいただくことができました!
時間とともに、生活は移り変わっています。
七ヶ浜の仮設は今年度で無くなるそうです。
多くの方が、来月引っ越すんやとお話されていました。

思えば、炊き出しから始まり、たくさんの経験をさせてもらったこと、感謝です。

東北学院大学の学生さんと一緒に活動出来た事。
これからTataが地元の学生さんたちと繋がって、活動していきます。

そして、女川!愛たい人がいるから愛に行きました。

女川駅。

駅に灯りがともり、電車が動いている。

この地に仲間のセラピストが居ます。
ひとりじゃない。仲間がいる。大丈夫? 大丈夫!
地域活性アロマで笑顔作りに役立てそうです☆

 

さて、東北アロマキャラバンの二日目。
Tata認定東北支部アロマサークルゆるっとさんのアロマ体験会に一緒に参加しました!

 
     
 
朝から皆で準備です!   かわいい虫除けブレスレット★
     
 
オリジナルハーブティを楽しむ   読書コーナー
     
 
ハーブの面白い実験   バスソルト作り
     
手や足のトリートメントコーナー

どの体験コーナーも香りに癒やされ、大盛況でした!

午後はアロマで地域活性!
Tataの想いを 活動をお伝えさせていただきました。

 

2011年3月11日の震災から、東北は4度目の夏を迎えていますが、
仮設住宅での生活が続いている方もたくさんいらっしゃいます。

こんな今だからこそ、やはり私にできることは、
「忘れていません」「今 出来る事」「現状」
このメッセージの発信なのかなと思っています。
最初からずっと変わらないテーマです。

直接、この地を訪れることはできなくても、
東北に触れて、東北のことをちょっと考えるだけでも
意味があることだと、強く強く思っています。

各地で行ったイベントでたくさんの方のご協力を得て、
それを私たちに託してくださった
姫路おかんプロジェクトの皆さん
Tataグループの皆さん
子育てイベントの皆さん
ホントにほんとにありがとうございました。
皆様から頂いた支援金を 直接、ご縁のある施設へ届けてまいりました。

8月7日〜10日の4日間、姫路の仲間と東北支部 代表の佐藤さんをはじめ、メンバーの方と、
仙台地方の被災地の福祉施設や仮設住宅を訪問して参りました。
七ヶ浜でも、震災直後よりボランティア活動をずっと行っておられる方がおられます。
その一つであるNPO法人レスキューストックヤード
http://rsy-nagoya.com/
の皆さんと東北学院大学の学生さんのご協力をいただき、香りのケア活動を行ってきました。

被災地のほんのわずかな面を見ただけでしたが、それでも今、皆さんが立ち向かわれている事
その地の現状をしっかり感じる事が出来、少しは理解することができたかと思います。

震災後からずっと足七ヶ浜の仮設で、大学生のボランティアサークルの方が
足湯のサービスを自分たちの手で行っていらっしゃる姿には、大変感銘を受けました。

足湯&アロマケアをお手伝いをさせていただいた我々自身が、
皆さんからたくさんの元気や人としての力強さを与えていただき、お礼を申し上げて七ヶ浜を後にしました。
被災地の復興までには期間がかかるかとの印象を改めて受けました。
今後も出来る事を出来る形で支援していきたいと強く思いました。

 

東北アロマキャラバンでは出逢いがあり、学びがあり初心に立ち返る事ができました。

何でアロマなの?何をするアロマなの?

認知症の母 薬の治療では治らない 薬じゃお母さんの笑顔は戻ってこない。。。
笑ってほしい。たったそれだけのちっぽけな希望でした。
薬を選んだ自分が嫌で、諦めるしかない自分を責めてどうしようもな…

そんな時にaromaが私のココロに入ってきたんです。
あなたの笑顔が見れる☆諦めなくてよかったぁ。
一緒に笑えて、あなたの子どもで良かった。

介護や看護、療育などにも活用し、笑顔で向き合うアロマがTataです。
Tataとは共に歩む地域活性アロマの略です!

アロマステーションの計画や全国での体験会、認知症カフェ&コミュニティーカフェの担い手作り などなど
「地域で心と身体の健康作りのお役に立つセラピスト教育」を自信を持って伝えていく。

目標も持つことが出来た夏!
これからも今を大切に頑張ってまいります!
暖かいご支援とご協力をよろしくお願いします。


2015年11月開催 Tata設立記念講演会:葉祥明 氏 講演&朗読会

2015年11月29日(日)に、一般社団法人アロマ地域活性セラピーTataの設立記念講演として、絵本作家の葉祥明氏にお越しいただき講演&朗読会 「心に響くいのちの言葉 〜絵と言葉からのいやし〜」を開催いたします。


アロマ地域活性セラピーTataは、
「笑顔」と「元気」をアロマを通じて提案しています。

あなたの街を元気にする

あなたの家族を元気にする

あなた自身を元気にする

アロマ地域活性セラピーTataから

あなたのこころに伝えたい

Tata設立の記念講演となります。
ぜひご参加ください!

日時 2015年11月29日(日) 13:30〜15:00(開場:13:00)
場所 姫路市商工会議所 702ホール
参加費 前売り:3,000円 / 当日:3,500円
定員 100名
主催 一般社団法人アロマ活性セラピーTata
後援 姫路市教育委員会 / 日本ホスピス在宅ケア研究会 / 姫路ひまわりの会 / 社会福祉法人姫路弘寿会
内容 絵本作家 葉祥明氏による講演と朗読会
お問い合わせ メール:こちらからお寄せ下さい / 電話:090-8570-7505(中田)

梅雨の時期も、これからの暑い夏もアロマで快適に☆


笹の葉 さらさら
のきばにゆれる

笑顔と香り 楽しむのはいつ? 今でしょう!

梅雨の時期、、、
なんだかしんどーい。 子どもが寝てくれない・・

不安や悩みを感じているのは脳!
そんな脳を 一瞬にして
香りは 心と身体を笑顔にさせます(^^)

自然の香りを日々の生活に取り入れるママは
お家セラピストです。
ご家族の健康の担い手になるでしょう(*^^*)

宝国幼稚園の保護者の皆様、 ありがとうございました(^_-)

そして、これから本格的に暑くなる夏に向けても アロマは大活躍します!

涼しい香りは、スーッとするミントや、爽やかな味を連想させる柑橘系。
それぞれの植物から香り成分を抽出した精油(エッセンシャルオイル)なら、気軽に香りで涼しさを感じることができます。

そして、夏の節電にピッタリの涼しい香りの楽しみ方もあります。
扇風機の風に香り♪
扇風機の格子部分に精油をしみこませたリボンをとめて、扇風機をつけましょう。
扇風機のファンにあおられて部屋中に香りが広がり、体感温度が下がります。

ガラスのティーカップにお湯を入れ、一滴アロマオイルを落としましょう。
アロマディフューザーのように電気を使わなくても、香りをスチームにのせて部屋中に広げることができます。
精油を1、2滴ハンカチにたらして持っていると、外出先でも涼しい香りを楽しむことができます。

暑さで気分が悪くなったときにも活用できますね。

それぞれの香りが持つ効果を最大限に利用して、エアコン少なめでも涼しい気分で暑い夏を乗り切りましょう。

アロマ地域活性ハンドセラピスト養成講座が、地域の健康づくりに役立っています!



講座の様子です。



受講者の方からいただいた折り紙です。
素敵で嬉しい講座になりました。

Tataが行っております、アロマ地域活性ハンドセラピスト養成講座が地域の健康づくりに役立っています!

講座を受けられている方から、様々なご感想をいただきました。

<毎日ご主人の手をケアされている方>
・大きな手をしてて、とっても冷たいんですよ。
 大事にしてあげたいと思いました。

<お子様にハンドケアをされている方>
・子どもにしたら、早く寝るようになりました。私もグッスリです。

<介護のお仕事にハンドケアを取り入れている方>
・いつも不機嫌な利用者さんに、トリートメント後は、
 ありがとうって言われ、行動も落ち着いてたんです!
 とても素敵な笑顔になられたのが、不思議です!

来月の認定試験にむけて練習される中で、
新たな気づきも感動もあるんだろうなぁ。
とても楽しみです。

ハートの町、神河に地域活性セラピストが誕生しようとしています。


受講された皆様との記念撮影。ハンドケアで広がる地域の健康づくりの輪です。

認知症予防にも効果的?


6月7日(日)、ラベンダーパーク多可にて認知症予防とアロマとの関係をお話いたしました。ラベンダーを見ながら、香りながらのセミナーとなり、皆様にご好評を頂けました。

また、ラベンダーパーク内に「香り工房」が建てられ、
その中に新しい精油の蒸留器が設置されました!
できたばかりの工房でセミナーを行わせて頂きました。

家で出来るから 続けられる!
続けられるから 効果も得られる(*^^*)

地域活性セラピーが 元気な人をつくります!

   
新設された香り工房です。
今回のセミナーはこちらで
行いました。
  水蒸気蒸留器です。
およそ300kgほどの植物を入れ、
蒸留を行うことができます。
  ポタポタといい香りのする
液体が出てきました。
水の上にうっすらと
浮かんでいるのが精油です。
 
できたての精油です!この間、約1時間!
抽出の終わったローズマリーは、生の時の香りも色もなくなってカサカサになります。
それだけ精油にはギュッと凝縮されているのです。
今回はローズマリー30キロから精油200tが採れました!
植物を育て、刈り取り、蒸して、取り出して、やっと出来た香り(精油)…愛おしいですね。

ゆめ花館 一日サロンにハープと香りが咲くそうだ!


ハートの町 神河町にある作業所 ゆめ花館の主催でスタッフで作った製品の販売や楽器の演奏、そしてちゅらのアロマトリートメントを行います。

茶菓と素敵なプレゼントもご用意してお待ちしております。
楽しいひと時を ゆめ花館のご利用者様と一緒に
すごしませんか……

日時 5月19日(火曜日) 10時から12時
場所 喫茶 ONE HEART
兵庫県神崎郡神河町粟賀町577-1
内容 スタッフで作った製品の販売
エンジェルハープ&フルートの演奏(広瀬明美先生・大中須美子さん)
アロマトリートメント(ちゅらサークル)

もち麦を使った ハーブ ♥もちむぎゅっと♥ がリニューアルされました。


福崎町のもう一つの特産品もち麦を使った ハーブ ♥もちむぎゅっと♥ がリニューアルされました。

兵庫県の銀の馬車道認定商品です。

http://www.gin-basha.jp/item/detail.php?id=30

福崎町の河童が話題!石垣島で作った 自然派石鹸 “しりこだま石鹸” が誕生しました。



福崎町の河童が話題!
柳田國男先生ゆかりの地 石垣島で作った
自然派石鹸 “しりこだま石鹸”が誕生しました。

配合成分
牛油、精製ヤシ油、精製パーム油、水酸化Na、
月桃葉水、精製水、牛乳、香料(石垣島産月桃精油)

石垣牛の牛脂はコラーゲンとグリセリンをたっぷり含むそうで、
植物石鹸と比較して約1.5倍の保湿力。 全身に使えます。

 

加西市福祉フェスタ2015 大盛況!



加西市福祉フェスタ2015に参加しました。アロマを指導している加西市にある障がい者施設 善防園のセラピスト フラワーの皆さんとアロマブースを担当しました。

今回で2回目!
朝から 順番待ちがという 大盛況で
50名近い方に、来ていただきました。

2名のセラピストは 休む暇がないほどでした。

・・・トリートメント後の感想・・・
気持ちいいわ(*^_^*)
上手やね♪
どこに行ったら、してもらえるの?
肩が スッとしたよ!
嬉しくなる言葉をたくさんいただきました。

アロマセラピストとして、知的・精神障がい者への福祉活動を行ってきたちゅらは
「アロマで就労を支援ができる」という、ミュゼ(株)代表の言葉をきっかけに、
2009年から全国各地で障がい者アロマセラピストの育成をしてきました。
(木口財団助成事業 等)

加西市の施設には 現在4名の方が
業務の合間にアロマセラピーを学ばれています。

強すぎる刺激にならないような精油を選んでお部屋に芳香浴をしながら、
今は ハンドトリートメントを習得しています。

言葉の理解や言語のコミュニケーションが困難であっても
大脳の感情をつかさどる部分に直接働きかける事が出来るアロマセラピーは、
リラックス&リフレッシュがとても有効だと思います。

福祉フェアや地域のイベントに出展するようになって、
意欲も技術も向上してきました。目標があるって、すごいですね。

近郊でのイベントに参加させていただきますので
お声かけください(*^_^*)

きもちのいい生活習慣で地域づくり

笑い 運動 アロマ 音楽などを取り入れた生活習慣×地域活動

講師の大平先生の講演は、
参加された方も、自然と笑顔になられてました。

笑う 香る 聴く…五感を使って生きる
糖尿病の予防であったり、認知症の予防であったり
元気で生きることは自分の生活の改善でできる!
そんなことを、笑いいっぱいで、語られました

今をいきる!
今日を精一杯いきる!
心に響きました(^^)

先生にお会いしたのは2007年でした。そのころから先生は 五感で健康を謳っておられました。
2009年 ボランティア21(TV)http://www.tata-aroma.com/movie/index.html で、
アロマと認知症を語ってくださいました。

先生の一言 ひとことは とっても元気にセラピー活動をする原動力となってきました。
スマイルセラピー ちゅらグループ全員で 始動♪

10月 定例会は 香りのお地蔵さん


石をつかって お地蔵様をかきました。
指導してくださったのは、サロン赤毛のアンの石田先生です。

お地蔵さんは、本当の名前は地蔵菩薩とよばれ、
菩薩は如来に次ぐ存在だそうです。
無心になって 描く…そんな時間が 楽しい会でした。

2015は アロマフォーラムINちゅらを開催します。
11月12月はその準備をしていこうと思っています。
素敵な仲間 ちゅら  お気軽に 参加ください(*^_^*)

町家アール・ブリュット展


(10/18【土】・19【日】)の町家アール・ブリュット展に
アロマサークル フラワーさんが参加しました。

このサークルは 障がいのある方がセラピストです。
一年前からアロマトリートメントを学び始め、
イベントなどに参加しています。

自立 ってなんだろう…

来場者の方と 話して “喜び”と“ありがとう”をいただき
それを 励みに また 一歩 前に進みます。
喜びと感動を ありがとう(*^_^*)

ちゅらは 全国へ スマイルセラピーを伝えます♪

 

幸せのストーンアート


福崎は 週末 お祭りです(o^^o)
台風が心配ですね。

さて、26日 定例会です。
お地蔵さんを、講師をお招きして描きたいと思います。

持ち物は、特にありません。
仕上げは好きな香りを石につけたいと思います(o^^o)

叶う希望 仙台で アロマケア

今年も 仙台に行くことが出来ました。
震災後、毎年、仙台七夕の頃に 行ってます。

昨年の夏、私の勤める施設でも、
アロマケアをしてほしいというご依頼をいただきました。
仙台に予防医療セラピストはいない^^;

いつか、その施設で、ケアをしたい!!
いつか、行くから!
春に、復興支援イベントをして、募金を集めました。

みんなの気持ちを、直接届けたい
そのことを話すと、仲間が行こうって
愛ランドの竹内理事長にお話したら、
愛ランドの皆さんも、メッセージ&クッキーで
応援してくださるとのこと☆

コペルの家
理事長先生にも、アロマは必要だと、太鼓判をいただきました。

手から伝わる温もりや感情のコミュニケーションのキャッチボール。
うとうと、寝てしまう方、リラックスされ、お顔の表情が和らいだ方。
来て欲しいと、連絡をくださった職員さん。
きっと、皆さんに必要なアロマだと思っていた!
と言ってくださいました。

大切な方に、セラピーをしたいという
熱くて、優しい 仙台ホリスティックアロマセラピストも誕生しました。
仲間が出来ました。

感動の仙台(o^^o) ご縁を繋いで参ります。
それが、私が 今 今 出来ることです。

ご支援、ご協力、励ましてくださり、
心配もしてくださる、すべての皆様に感謝申し上げます。

復興への力

先日、被災地の中高生が 神戸にやってきました。
中高生が語りました。

大震災後 僕たちはどう頑張ったか…南相馬市の中学生
震災から学んだこと…亘町の高校生

消防士の方も、あの日から今日までを語られました。

復興はまだまだなんです。

今年も もうすぐ仙台に行きます。

なんで?そんなことしてどうなん?!
いろいろ聞こえるけど いいんです。

彼らと、ホントにかかわってきたからこそ想いを繋げたいと思うんです。
誰かがやらなきゃってね。
今 この瞬間を大切にしたいな。
だって、生きてるんだもん。私…。

一番最初に被災地に行って見た光景は、今でもはっきり覚えています。
瞬間に手を合わせていました。見たこともない光景でした。

笑顔を届けます。

「ラベンダーパーク多可でのアロマ研修」のご報告(2014/7/26 土)

2014年7月26日(土)、
やって来ました!ラベンダーパーク多可。

今回は ハーブ(ラベンダー)のお勉強☆

まずは、ラベンダーを摘み取るところから。
お花のついた穂先を丁寧に1本 1本見ながら、切っていきます。
茎が多いと いい香りのする精油にならないし、
抽出できる精油の量が違うんだそうです。

次は作業棟に移動して、釜に摘み取ったラベンダーを入れていきます。

この釜は10キロ用だそうです。


容器にいっぱい いっぱい詰め込みます。
隙間がないように 詰め込むことが精油を取り出すコツの一つでもある様です。


さあ、これから抽出開始!2時間ぐらいだそうです。


ようやく出てきました。ほんの少しですが 精油が水の上に浮いているのがわかります。

ラベンダー8キロで精油は 250mlとれれば良い方だそうです。そう、ペットボトル1本程度です。
いつもなにげに使っている精油。


こんなに多くの植物が必要だってこと。
一つ一つ 丁寧に扱うと出てくる精油の量も質も変わるということ。

良い素材から、良い物が作られる、
刈取りも抽出もされている担当の方は そう話してくださいました。
最後の1滴まで 大切に使いたいものです。

ラベンダーパークの皆さん、参加してくださった皆さん ありがとうございました!
ラベンダーの香りに包まれて(*^▽^*)
摘んで
食べて
作った
素敵な1日になりました(o^^o)

次回イベント参加予定

8月23日(土)
福崎・もちの木園夏祭りにアロマケアで参加します。 いろんなバザーも合唱もあるので遊びにきてください。

>>アロマサークル美人の年間スケジュールはこちら

障がい者アロマサークル brothersと一緒!

アロマコーナーを、
障がいを持たれていますがセラピストとして頑張っている
アロマクラブ brothers... が、担当させていただきました(^.^)

兵庫県多加町にあるラベンダーパークで
彼らはアロマを就労として学んで3年目を迎えています。

お客様の感想は、
「とても丁寧にトリートメントしてもらって、気持ちよかった♪」
「ラベンダー摘んで手のお手入れもできて、今日は、ラッキー♪」
たくさんの方に アロマを知ってもらえました(o^^o)

いい香りに包まれ、幸せな気持ちになる1日でした。
来週は、ちゅら研修で パークに行きまーす(^_-)-☆

ちゅらサークルの活動日でした(^^)

もちの木アロマサークル!
メンバー10名。
施設の、余暇活動の中のサークルです。
月1回のアロマデイ♪

セラピストを育成して5年。
施設の中で、アロマディーを作って4年かな(●^o^●)
障がい者アロマセラピストなんて、???って言われた
あの頃が懐かしくさえ思えます。
無理やわといわれた、悔しかった事をバネに、
メンバーと続けて来れたのが何より嬉しい(^^)

綺麗になあれ、綺麗になあれ♪

優しい手で、癒されています!
今日も笑顔をたくさんいただきました(^^)

ちゅらメンバーも
ハンドケアをしてもらって
癒された一時を過ごしています(^_-)-☆

8月は、夏祭りで地域の方にセラピーしま〜す。

さあ、明日から、また頑張れるぞ!

サークルで施設のイベントに参加してきました。

暑かった( ^o^)
楽しんだ!(^^)!
出逢った(^_-)-☆

ちゅらサークルは 福祉施設でアロマケアやその方法を伝えているサークルです。
支援の方法はとってもシンプル。

アロマを介在させ、人の持つ自己免疫を整える事を自分で出来る!
家庭で出来るという事をお伝えしています。

 

この法人では、障害を持つ方に アロマセラピーを学んでいただいています。
3年という月日をかけて、少しずつですが、セラピストが地域に浸透してきました。
続けると そこに夢は叶う…。
共立(ともだち)という言葉が、今は好きです。

7月20日、ラベンダーパークでも
ハンドセラピーをbrothers(ブラザーズ)は参加します。

 

第13回 出る杭大会 大賞 受賞!

たつの男性介護の会さんと一緒に 大会に参加しました。

出る杭は打たれると言いますが、夢を持ち新しい分野にチャレンジしているグループや団体を 出る杭 と呼び
活動内容をブースやステージ発表する場がこの大会の趣旨です。

古い因習にとわられず、正しいと思ったことを凛として実行していく。
出る杭の精神です。

初参加でしたが、大賞をいただきました。
仲間が集まって 元気な人をつくりたいという 活動は来場者を笑顔にしたようです。

播磨の地から、出る杭精神で、播磨を 兵庫を 日本を元気にする活動をしていきたいと思いました。

男性介護の会 会長の神尾さんはセラピスト。
会の皆さんもハンドケアを楽しまれています。

ご一緒した ハンドヨガの中川社長や終活の竹裏さん ありがとうございました(*^_^*)

  

人・地域・社会に貢献するアロマセラピストがここに!


アロマテラピーを通して、身体の疲れを癒して頂きながら、
日常会話の延長線上のような自然な流れで、被災者の方々のお話を伺ったことは、有効だったと思います。
心地よい香りとタッチングにより、心を開くまでの時間が短縮され、ご自分の思いや感情を表しやすくなっていたようです。

2007年 サークルを設立しました。
高齢者へ 認知症ケアや介護予防に 予防医療のアロマケアが有効なんだという事を代表の体験を通して、
社会の最先端で展開をしてきました。
今はアロマケアの認知度も上がり、脳活で話題にもなっています。

アロマケアを福祉に医療に活用する方法をお伝えしている ちゅらはその活動を助成事業として認めていただきました。
皆さんのご支援とご協力のおかげと感謝申し上げます。

小さな活動ですが、笑顔を届けたいと思っています。お知り合いで アロマを活用したい施設や企業もご連絡ください。笑顔をお届けするちゅらです。

 
ちゅらの活動が助成事業として認められました。今後も皆様へ笑顔を届けたいと思っています。

東北復興支援 桜前線と共に東北へ

3月16日(日)東北復興支援イベントを開催させていただきました。
皆さんのお気持ちを 東北へ届けるべく整理をしております。

今回は 仙台のコペルという施設に送る予定です。
あの日、雪の降る中、施設は倒壊、利用者さんたちは…テントで過ごし…。
当時の様子を写真やお手紙をいただきました。
そして元気を取り戻した今の様子も!
東北 石巻で仮設でアロマケアをし、アロマハンドを
お伝えしているということを知ってくださった事がきっかけです。

当時は仮設で、アロマをしながら、聴いたお話の中にも、
急性ストレス障害を示している方が多かったです。
今回の震災で受けたような心的外傷には全く自然な反応なのですが、
心の面でもサポートが得られれば、心的外傷後ストレス障害(PTSD)に
発展する可能性も低くなります。
継続的なケアが必要だと感じたので、
そこでセラピーを指導することにした昨年でした。

今後は、そういった方を地元の方が、継続的に心のケアを行えるようにつなげられたらいいな、と思っております。
そんな事を願いながら ちゅらは皆さんのメッセを届けようとしています。

 
皆さんからの応援メッセージです。仙台の施設へと送らせていただきます。

 
あの時に止まったままの時計と、瓦礫の処理を行う皆さん。
これからも復興の道のりをお手伝いできればと考えております。

キッズアロマセラピスト誕生 そして卒園おめでとう

キッズアロマセラピストは年12回のアロマを学びます。
保育園とNPO海空太陽が 活動を認定し ディプロマを授与しました。
園内での活動と地域でのアロマ交流や施設訪問を行っていきました。

植物を植え、育て・・・遊びを通じた香育です。毎月 自分たちで描いていくノート。最後には、自分だけのアロマ体験記ができました! 卒園おめでとうございます\(-o-)/

障がい者セラピスト4名が新たにデビューしました。

加西市で 障がい者セラピスト4名が新たにデビューしました。私が 障がい者アロマセラピスト育成事業を行うようになって7年がたとうとしています。(木口財団助成事業)

兵庫県中心ですが、全国に数カ所育成事業を行っています。
20代から50代の老若男女の方々に、
基本は、月に1回、季節に応じたアロマとトリートメント技術の講座です。
毎回、ハーブティを飲みながら、参加者の皆さんと
作り上げていく形をとっています。

いろいろな障害をお持ちの方がいらっしゃいますが、
できるだけご自分でオリジナルなノートを作っていただくようにしています。
参加者の中には、あまり外出されない方もいらっしゃいますので、
アロマセラピーを学ぶことがきっかけになって、
施設に通所してくださったらと思い、お声をかけることもあります。

「先生と生徒」という枠はできるだけ無くして、共に学ぶという事にしていて、
毎回お会いするのも、私の楽しみの一つになっています。

最近のアロマセラピーの講師業は、資格取得のための「先生」要素を
求められることも多く、長い間、講師業をしていますと「セラピスト」という
大切な部分から離れていってしまうような感覚に陥ることもあります。

しかし、障がい者セラピスト育成の講師の場合、
心の繋がりや気配りなどの「セラピスト」をしっかりと感じることができ、
講座中もセラピーを行っているような気持ちになります。

今後も、もっと多くの障がい者の方たちに、アロマセラピーを楽しんで頂いて、
アロマセラピーの輪が広がっていくことを願っています。

>>実際のセラピーの様子はこちら(動画をご覧になれます)

保育園児がセラピスト(*^_^*)

春には 植物を植えました。水やりをしたり成長を見守ります。
ハーブから 色が出るのを知りました。色水で絵を描きました。
お友達の手をトリートメントしました。
地域の方へ、トリートメント交流もしています。
保育の中で 香育です。

3月には キッズアロマセラピスト(NPO法人海空太陽 認定)が誕生します。

アロマサークル美人(ちゅら)の定例会&新年会です。

みなさんは アロマサークル美人(ちゅら)の目標をご存じでしょうか。

介護の中で 知った予防医療のアロマケア。
育児に活用しようとするアロマケア。
それぞれ、きっかけはそれぞれです。

アロマでできる事は 独り占めするのではなく
それを多くの方に 伝え共有して みんな笑顔になる。。。
そんな仲間が集まっています。

そのフィールドの範囲を広げていきたいと思っています。

一緒に アロマで社会活動をしたい方はいつでもOK!

今年も 皆様の ご支援とご協力をよろしくお願いします。

今年の活動はお問い合わせください。
2月の定例会は 23日10時からです(*^_^*)

支援学校でアロマリンパケア研修


障害の重い児童生徒さんに対するアプローチ法のひとつとして実践研修です。

ひとりひとりに体調管理が必要なため、
先生方もほぼマンツーマンで対応してくださいました。
生徒さんたちが安心して使うことができる
ゆめ ゆうき きぼう というアロマオイルを使います。
「アロマって何? リンパって何?! 細胞を輝かせる希望のケア」など
ミニ知識をお伝えしてはじめました。

ヒーリングミュージックが流れ、プレイルームが、香りにつつまれていきます。 
アロなリンパケアのデモンストレーションをしながら、ポイントを説明。
“ゆっくり・密着・優しく”
先生方も、生徒さんと同じ空間で同じ香りに癒されながら、
ゆっくりとしたリズムで実践。

数名の先生が昨年も受けられているのですが、
熱心に質問を受けながら、タッチングをされているのを見ていると、
その時間だけ時が止まっているような錯覚にもなりました。
ケア中も「気持ちいいわ」「寝てしまう」「スースー」 リラックスムードです。
「お母さんがしてくれてるで」
(保護者への研修も行っているので、お母さんがケアを家で続けられているのが嬉しく思いました)

終了後は、先生から
「緊張が強く落ち着かない生徒さんが、表情が穏やかでリラックスしているのがわかる」
「気持ちよさそう。いつもと違う表情です」
「始まってからはずっと気持ちよさそうに寝ています」

など感想をいただきました、先生方も穏やかな表情です。
「ぜひ続けていきたい」いう話をしてくださいました。

「香り」という嗅覚からの刺激から、「タッチング」といった触れるという「身体感覚」と、
「ミュージック」の流れるなか「聴覚」にも働きかけることのできる、
五感を刺激するトータルな自然療法だと、今回も改めて実感しました。

定例会のご案内

1月26日(日) 11時から定例会&新年会を行います。

3月は東北支援イベント、福崎辻界隈まつり、
ラベンダー見学ツアー、施設ケア、アロマフォーラムなどなど
今から地域の皆さんと健康をテーマに活動を広げていく
ビジョンにワクワクです。
そのためにもしっかり知識も技術もアップしていこうと思っています。

障害を持つ方へのセラピスト指導の実際

不安のなかでのアロマセラピスト育成事業を初めて行ったのは2008年でした。
多くの事例があったわけでもなく、資料から指導要領まで一からの構築でした。

しかも、木口財団からの助成事業で行うこともあり、
途中でやめることはできないというプレッシャーもありました。

実習は 無理なく楽しく、でも一歩でも前に…を目指しました。
障害があるからしかたない…そんな妥協はしません。
何度も何度も、繰り返し練習しました。

それぞれ、地域の方々も毎年楽しみにしてくださるセラピーになっています。
今では、兵庫県内に数カ所 育成事業を展開することができました。

そんな簡単な事ではないでしょう。でも諦めずに、ご理解とご協力をいただける企業や施設が必要だと思っています。
ちゅらは、どんどん理解してくださる方を増やして、全国にこの香りの和を繋げていきたいと思います。

☆ちゅらもメンバーも アロマを学んだのは ミュゼグループの予防医療のアロマです。
"人・地域・社会"に貢献することを大切にするアロマの会社です。
アロマと福祉を合体させた活動を目指しているのが関連法人のNPO海・空・太陽です。(ちゅらは理事です(*^_^*))☆

継続は アロマなり

障がい者アロマセラピスト養成
(木口ひょうご財団助成事業)をおこなって6年!
この施設にはアロマを学んだセラピストが12名います。

月に1回、アロマデー。希望される方には全員トリートメントします。

始めたころはタッチされることが苦手な人や、オイルを塗布した途端、
手をひっこめられたり、急に立ち上がってしまったり、
…色々ありました。

いまでは、アロマデーを楽しみにされていて、
玄関で待っていてくださっています。
障がい者アロマセラピストは12名。

エプロン付けてタオルを用意したら、全員セラピストモードです。
ちゅらメンバーは、横でサポートしながら見守ります。

最初嫌がっていた人も、自分から「やって」という感じで腕を出したり、足を出したりして要求してこられています。
こんなにアロマがコミュニケーションに役立ち、笑顔になって人気になるとは思いませんでした。
だって、前例がなかったんですもの!

ただ、ただ、無我夢中! 彼女たちの楽しそうな笑顔と可能性に光るものを感じたから!
ただそれだけを信じて育成事業を行いました。 

あきらめないで続けていればこんなこともできるんだなぁ…なんて思う今日この頃です。

 

家族介護教室 今を輝く!

先日開催した 加西「家族介護教室」の様子が広報で紹介されました。

自然療法・予防医療のアロマが もっと普及していくように…。
そして、笑顔になりますように♪

<広報かさい 2013.11月号>
>>PDFはこちら

障がい者アロマセラピストが大活躍♪

特別な事ではありません。誰もができる事ではないかもしれません。
可能性を信じて、理解ある支援者が集まれば、
チャレンジする心があったなら…仲間が出来、ありがとうの言葉を
いただくことが出来るんです。

アロマセラピストとして学び、学んだ知識と技術を活かして
活動する。それが、仲間や地域の方の健康に役立つ!
そこにも、夢と笑顔があります。そこに、障害は関係ありません。

違いはね…行動する、行動しないではないかな。
叶わない夢(WISH)なのか叶える夢(HOPE)
私は 叶えたい…ずっとね♪
皆さんに出会ってよかった(*^_^*)

9月8日 第6回オープンスクールを開講しました。

誰にでも必要だなと思えるセルフアセスメントでした(*^_^*)
次回は 10月20日です♪

仙台へアロマを使った福祉活動に行ってきました。

震災直後から、自分に何ができるのだろうかと考えて、
サークルの皆でイベントをしたり、友人から義捐金を集めて送ったり。
被災地で直接何かしたいと、この夏で7回目です。

仕事をしながらの準備はバタバタ!!
いろいろ物資も義援金も預かりました。
何とか準備も間に合い、当日の夜、夜行バスに乗り込んだのでした。
中学生や高校生も参加しました。

毎回、この支援活動に参加される方は、素敵な方ばかり!(^^)!

アロマがそうさせるのか、素敵だからアロマに興味があるのかどっちなのかしら。
とにかくとても気持ち良く活動することが出来ました。

私にはアロマセラピストという強い味方がいるので、
楽しみにしてくださっている、ハンド&フットトリートメントをさせて頂きました。
その他にも、ルームスプレーを作って子供からお年寄りまで
香りを楽しんでいただきました。

お話しを聞いていると、お家を流された方がほとんどです。
40年以上住んだ家も思い出もぜーんぶ流されてしまった。仕事の船もな…。
伺った時は、言葉を失いました。
それでも「ありがとう」「また来てや」「いつも忘れんと来てくれてありがとう」という言葉をかけてくださる。
人間の強さを見た気がしました。

定例会と福祉活動のお知らせ

7月の定例会は、7月28日(日)10時から福崎サルビア会館にて行います。
今回はバラの香る石鹸作りを予定しております。

また、8月には東日本大震災の被災地に向けたボランディア活動を
行う予定です。ご興味がございましたら、当サロンまでご連絡下さい。

>>東北ボランティア募集について(日程詳細)
>>東北ボランティア募集について(アロマケア&木工教室詳細)